のざき牛について

堆肥場

堆肥作り
堆肥作り

株式会社アグリワールドの「アグリパワー2」※2を牛舎床材に投入。
牛さんたちが踏み混ぜ、糞尿を菌が分解。それを2ヶ月毎に「床換え」を行い、のざきの敷地内にある日本最大級の堆肥処理施設(98m×14m)に運ぶ(2施設保有)。

この堆肥施設には無人化した最新の設備を導入。床には約50cm間隔で数百本の溝があり、ここから堆肥に空気を送り込む。

電柱埋設工事に使う掘削ボウリング機械を改良し、鉄骨梁から下げ、14m×98mという広さをゆっくりと移動しながら積み上げられた床材を撹拌する。


森の土のようなフカフカ堆肥

堆肥作り

この最新設備と「アグリパワー2」の組み合わせにより、通常3ヶ月はかかる堆肥作りが、わずか40日程度で出来上がる。
まるで「森の土」のようなフカフカの堆肥には「クワガタムシ」「カブトムシ」の幼虫も住み着く。


※2 「アグリパワー2」とは

「アグリパワー2」とは、株式会社アグリワールドが開発した「畜舎環境改善剤」&「有機堆肥化新素材」。

【アグリワールド ホームページ】
http://www.agri-world.jp

このページの先頭へ


のざき牛について

map

有限会社 農業生産法人 のざき
〒895-0061
鹿児島県薩摩川内市御陵下町7-47